« 10Poleラダーフィルタプリント基板作成と測定 | トップページ | 試作周波数カウンタ・プリント基板制作(DISP_CONT) »

2016年5月 5日 (木)

8Pole CW ラダーフィルタプリント基板作成と測定

数日前に作成した8Pole用ラダーフィルタプリント基板を使ってCW用フィルタを組んで特性をFRMSで測定しました。通過帯域に1.1dBほどのリップルがありますが問題なく使用できる特性かと思われます。水晶発振子はHC49USで50個の中から無負荷Qが平均で800,000を超えるものを選別しています。Qの測定の際にはFRMSから直列共振周波数におけるレベルを読み取って算出していますが、FRMSのレベル精度が0.4dBとのことでその程度の精度になっています。

FRMSの測定結果、測定状況、回路図をUpしておきます。

Hc49us8mhz8polecwk2frmsxchgonpwb_2
P_20160505_112221_1_p
「HC49US8MHz8PoleCWK2Xchg.CE3」をダウンロード





|

« 10Poleラダーフィルタプリント基板作成と測定 | トップページ | 試作周波数カウンタ・プリント基板制作(DISP_CONT) »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184504/63583491

この記事へのトラックバック一覧です: 8Pole CW ラダーフィルタプリント基板作成と測定:

« 10Poleラダーフィルタプリント基板作成と測定 | トップページ | 試作周波数カウンタ・プリント基板制作(DISP_CONT) »