« PIC12F675によるセミブレークイン制御 | トップページ | PIC周波数カウンタ試作・その1 »

2015年4月29日 (水)

PIC周波数カウンタ回路検討中

Pic_frequencycounterk1


周波数カウンタをPICを使って作ろうと思い、ずいぶん前からパーツを集めています。

TXCOは秋月電子の買い置き分が数個あるので、これを使います。ネット上の製作例を拝見すると、LEDを使った例が少ないようですから、ダイナミック点灯のLED方式で回路設計してみました。最新のLEDでは省電力になって、高輝度になっていることもあってあまり流す電流を多くする必要は無いのかもしれませんが、1セグメントあたり30mA程度は必要と思います。

ところが、PICのソース、シンク電流は25mAですので、ダイナミック点灯には不足です。ネットで検索して見られる7セグメントLEDを使うPICの回路を見ると、7セグメントLEDを直接ドライブしているような回路が見られます。デレーティングの観点から望ましい設計になっていないように思いますので、少し部品点数は多いですが、図のような回路にしてみました。

製作はこれからで、ソフトの実験を考えるまだ1週間以上は完成に必要です。

ソフトウェアについては何とか目途が立ったところです。とりあえずCで書いてみます。

|

« PIC12F675によるセミブレークイン制御 | トップページ | PIC周波数カウンタ試作・その1 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184504/61513377

この記事へのトラックバック一覧です: PIC周波数カウンタ回路検討中:

« PIC12F675によるセミブレークイン制御 | トップページ | PIC周波数カウンタ試作・その1 »