« 15MHz局発実験回路・その2(実験成功) | トップページ | PIC12F675によるセミブレークイン制御 »

2015年4月13日 (月)

15MHz局発実験回路・その3(改定)

15mhzlo_k3


回路の簡略化と出力レベルの見直しを行いました。

出力が増えた分だけ消費電流も増えて90mA程になっています。

小さく側でも7.7dBmになりました。送信系のミキサに手持ちのR&KのダイオードDBMを予定しているので、整合のための3dB PADを考慮しても全周波数範囲で十分な出力レベルになっています。

バラック回路での実験はこれにてOKとしました。

|

« 15MHz局発実験回路・その2(実験成功) | トップページ | PIC12F675によるセミブレークイン制御 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184504/61435559

この記事へのトラックバック一覧です: 15MHz局発実験回路・その3(改定):

« 15MHz局発実験回路・その2(実験成功) | トップページ | PIC12F675によるセミブレークイン制御 »