« LocalOSC検討中 | トップページ | CWフィルター試作中・その3 »

2015年3月 8日 (日)

CWフィルター試作中・その2

Ct100circuitwithpostamp10db

Ct100withpostamp10dbcenter









トロイダルコアによるマッチングはやってみたもののコアの巻き方が悪いせいか上手くいきませんでした。またの機会にトライします。

2SK241でポストアンプを1段入れてみました。ゲインが12dBほどあり、アンプも含めた特性ではありますが、挿入損失8.1dBほどで確認しました。

水晶に直列に小容量のコンデンサがあることで、2.8KΩほどが水晶に直列にあるに等しいので、損失が多めになるのはいたしかた無いでしょう。

そんな訳で、中心周波数8.004.795MHz、3dB帯域幅223Hz、60dB帯域幅1.1KHz、挿入損失8.1dBで今回の実験は一応終わりとしました。

冷静に見て、CWフィルターとしては十分使える内容かと思います。挿入損失は、後段につながるIF段が通常40dB程のゲインを持たせるのを前提とすればAGC制御の範囲内に恐らく納まるでしょう。

久しぶりに、10Kコイルでバイファイラ巻きしたらミス連発でTake3でようやく成功しました。老眼には0.1UEWの巻き線は辛いです。(笑)

(回路図は単巻きを前提としているので、バイファイラ巻きだと共振部分の巻き数は回路図の半分で8回です。)

楽しい一日でした。

|

« LocalOSC検討中 | トップページ | CWフィルター試作中・その3 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184504/61250038

この記事へのトラックバック一覧です: CWフィルター試作中・その2:

« LocalOSC検討中 | トップページ | CWフィルター試作中・その3 »