« 京都にてSLを見てきました | トップページ | FT-991予約して来ました »

2015年1月18日 (日)

HF用ベランダアンテナ成功

Img_0655Img_0656_2Img_0654








Img_0657

新しいリグを買えそうな目途が立ったからか、従来から温めていたベランダのHFアンテナを設置したくなりました。

近くにあるホームセンターに行き、設置資材になりそうな物を探した結果、使えるものがみつかりました。

写真のように建築用金具売り場で鋼製束と思わしきものと、分厚いワッシャーのような金具を上下に使い、中間部にはイレクターパイプ(直径28mm)を使いベランダの床と、梁部分に突っ張る形で固定しました。上部は外壁タイルになっているので直接に鋼製束を当てると摩擦が足りないので5mm厚のゴムシートを挟んでいます。

グラスファイバー製の竿をイレクターパイプ専用の回転タイプT型金具で固定し、プラスチック製まな板を使って固定しています。

アンテナを仕舞った状態は写真の通りで、ベランダの中に納まり邪魔にはなりません。使う時には、仕舞った状態から90度回転して、建物の外に振出します。

竿を支えているのは垂直に立っているイレクターパイプだけで、これはベランダの端から1m程の場所にありますので、竿を降り出した状態で竿先からエレメントワイヤーをベランダのもう一方の端まで伸ばして使います。エレメントの形としてはへの字に近い感じになります。

エレメントは0.75mmスクエア被覆線で、約9mほどになりました。この状態でマニュアルチューナーのMFJ-902を使い7MHzでチューニングを試みましたが全くダメでした。

対策としてウエットティッシュ空筒2個を連結したプラスチック円筒に園芸用の2mmアルミ材を20m程巻いてローディングコイルを作り竿の1/3程の箇所に入れて7MHzでSWRが1近くに落ちる状況になりました。

SWRはFT-817の内蔵SWR表示で見た結果ですので参考程度ですが、受信状況から言うと十分に実用になりそうな雰囲気です。

14MHzまではローディングコイルを使いますが、18MHzから28MHzまではローディングコイルをミノムシクリップでショートしてチューニングが取れました。

ただし、色々試しても3.5MHzだけ受信出来てもSWRは高すぎて使えませんので、もう少し工夫が必要なようです。

地上高は10m弱でロケーションに恵まれている訳ではないものの、ベランダにある電源コンセントを取り付けている金属ボックスがエアコンのアース端子と導通があったので、アースだけはばっちり取れていて、小さいながら使えるアンテナになったと考えています。これで、何とかHF帯でFT-817の5Wながら交信はおそらくできると思われます。


落下止めとして、竿内に4mmナイロンロープを通して竿先に結び、竿の根本ではそのロープを固定しました。

なんだか、CWバンドに出る気力が湧いてきましたよ。

|

« 京都にてSLを見てきました | トップページ | FT-991予約して来ました »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184504/60995786

この記事へのトラックバック一覧です: HF用ベランダアンテナ成功:

« 京都にてSLを見てきました | トップページ | FT-991予約して来ました »