« 2012年3月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年5月

2012年5月30日 (水)

今日のジョギング

5月は結構がんばって走っている。
今日は、心拍計を買ったこともあって、ざっと計測した。

<5月30日データ>
 天気:曇り 気温:十分涼しい
 18:40~ 約58分間ジョギング間の走行区間データ
 は以下の通り。

1ラップ目  11分30秒  142拍/分 1.6Kmほど
2ラップ目   6分34秒  143拍/分 1.0Km
3ラップ目   6分32秒  144拍/分 1.0Km
4ラップ目   6分38秒 142拍/分 1.0Km
5ラップ目   6分46秒  147拍/分 1.0Km
6ラップ目   8分32秒  148拍/分 1.0Km
体重 92Kg

6ラップ目はクールダウンのつもりでかなり遅めに走っている。
途中歩いた時間はラップに入れていない。拍数は計時時点での値。
最高にきつい状況から体感的には2割くらい楽な感じで走っていて、
それで1Kmあたり6分半程度なので、年齢と体重の割には
上出来かと思う。
以上のデータは、今後のトレーニング進捗のデータになるだろう。

右足アキレス腱付近に鈍痛あるも、走行すると特に気にならなくなる。
30分過ぎるあたりから段々と走るのが楽になってくる。いわゆる
セカンドウインドというやつだろうと思う。
今日は、約60分間の何の問題も無く走ったので、来月あたりは
90分連続走行を試してみようと思う。でもそれも天気しだいですが...



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月27日 (日)

心拍計を購入

時計機能付き心拍計FITCARE FC002-01を購入した。センサー部を胸に巻きつけて腕時計部分に電波を飛ばして心拍数をリアルタイムに計ることができる。
目的はジョギングのトレーニング強度を計るためなので、センサーを体に付けるのは面倒だが、何も触らなくともリアルタイムで計測できるのは大変良い。

 難点とすれば、裏蓋を押さえるゴムバンド部分の突起がじゃまになり、腕時計部分の電池交換は素人では、容易ではないこととがあるだろう。だが、考えてみれば一般の時計でも専用工具が必要な点は同じなので、そもそも素人が時計を開けて見ようとすること自体、どんなメーカーでも許容はしていないので、難点とは言えぬかもしれない。

 作り込みの雑さ加減として、腕時計部分の裏蓋を止めている4本のビスの山のうち2つが明らかに工具でナメ、つぶれていることが挙げられる。\5,000ほどの品にしては実に雑で、全くの素人が組み立てたとしか思えないのだ。この値段の品にクラフトマンシップを求めてはいけないのだろうか。作り手の、品物に対する愛情、心くばり、コダワリと言った言葉が全く感じられないのだ。この製品はもちろん、Made in chinaである。

中国製品の物作りの考え方はこのようなネジ一つに現れていると思う。機能を満たすとしても、このようなネジの締め方をした品を何の問題もなく製品としていることは顧客の製品に対する信頼を大きく損ねるきっかけになると考えないのだろうか。
しかし、良く説明書を見るとこれを販売しているのは、日本の会社なのだが、その点ではかつてQC活動、ZD運動と言った工場現場の品質管理の伝統は中国には持ち込むことができなかったと見える。このような会社の製品、ブランドが記憶に残って、このブランドにシンパシーを感じる人はほとんどいないのではないか。

 だが、取扱説明書には「本製品は厳重な品質管理を行っていますが、万一修理の必要が生じた場合....」と書かれてある。
本当に厳重な品質管理をしているなら、ナメたネジなどあり得ないはずで、深読みすれば、修理の必要ではない点については”厳重な品質管理のチェック対象外である”ということなのではないか。

物には安い値段に見合う程度の情熱しか込められていないという良い例なのだろうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年7月 »