« 今日の弁当 | トップページ | バイク用オーディオミキサ2 »

2010年9月 4日 (土)

VW報道官 CM

浅見姫香ちゃん、小学生とのことだ。フォルクスワーゲンのCMに出演しているが、あのキンキンした声でテレビから流れてくる声と、報道官風の大人の衣装をまとった姿には確かにインパクトがある。だが、それだけだ。小学生の女の子が出すあのキンキンした声は大人が聴くと非常に疲れる。衣装は大人、声は「ガキ」と言う訳でよりビジュアルに異様な存在感がある。CMプランナーの狙いは「目立つこと」なのだと思うので、その点では実に成功している。

しかし、あの声を聴いた消費者が自動車ディーラーに行こうと思うだろうか。オジサンの自分としては、あのキンキン声にむしろ反発を感じ、実にマイナスのイメージしか感じず、テレビの電源を切りたくなってしまう。

 私はトヨタ贔屓では無いのだが、フォルクスワーゲンの浅見姫香ちゃんより、トヨタの加藤清四郎くんのほうに”可愛らしさ”、”子供らしさ”をより強く感じる。清四郎くんは商品にプラスのイメージをもたらしていると思う。これは、無理に背伸びし、大人の行動を写し取ったような行動では無く、見た目にはあくまでも自然体と思える作為が実現できているからだろう。その点で、清四郎くんは天才だと思える。

浅見姫香ちゃんを使った一連のフォルクスワーゲンのCMはドイツ人が関わっているとは思えない。あの国の流儀とは全く異なる視点で作られているように感じるのだ。

|

« 今日の弁当 | トップページ | バイク用オーディオミキサ2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184504/57643640

この記事へのトラックバック一覧です: VW報道官 CM:

« 今日の弁当 | トップページ | バイク用オーディオミキサ2 »