« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

私の身の回りのダメ製品(その2)

Dscn1550 写真は20個で100円だったと思いますが、100円ショップの洗濯バサミの壊れたものです。2~3ヶ月ほど使っていますが、同じ箇所でポッキリと折れてしまいます。これで何個折れただろう。折れた箇所の肉厚を測ると1mm厚でした。同じような使い方をしてきた別メーカーの洗濯バサミの同じ箇所を測定すると1.2mmで、そちらは折れる気配はありません。0.2mmの違いは大きいのでしょうか。まあそれだけでは無くて、材質そのものの弱さも在るんでしょうね。でも、ちと雑な作り込みで、いくら100円ショップの品であっても納得はできかねます。折れた際に手を怪我するかもしれないことを考えると危険ですらあるとも言えます。
 作り手は、コストに追いかけられてやむ終えず肉厚を薄くせざるを得なかったのだろうと想像するのですが、すぐに役に立たないようになるような品を世の中に出すくらいなら、単に、この世にゴミを増やしているに等しく、単に資源の無駄使いに違いないと思います。
やはり安物は駄目だと言う典型的な例なのでしょう。値段にはそれなりの意味があるものでしょうね。100円ショップで買って意味が無いと思えるものの1つだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »