« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月28日 (水)

今夜のめし(その48)

Dscn1475 今日は手羽元で鍋仕立てにしました。具は手羽元、にんじん、大豆もやし、エノキ茸です。酒100CC、昆布つゆ30CC、しょうゆ20CC、塩少々程度を加えてしばらく煮るだけです。20分くらいコトコト煮るだけです。ホッとする、やさしい味になりました。

見た目はあんまり良くないけれど、味は良かったですよ。時間があればさらに煮込むほうがおいしいでしょうね。どちらかといえば休日のように時間に余裕がある時に作ったほうが良いメニューのように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月27日 (火)

今夜のめし(その47)

Dscn1474 今日はニンジンが余っていたので使うことにしました。ニンジン半分を切ります。100円ショップで買ってきた野菜カットの道具を使って薄切りにして、包丁でカットして千切りにします。キャベツ2枚程度をザク切りにします。たまねぎ1/4個を切ります。炒め鍋に油をひいて、ショウガ、ニンニクのみじん切りを炒め、香りが十分にでたら、豚バラ肉150gほどを加え炒め、塩、胡椒少々を加えて焼付けます。多少肉が焦げるくらいまで焼いたほうが良さそうです。次に千切りしたニンジン、たまねぎ、キャベツを加えて混ぜます。調味料と昆布つゆ20CC、醤油20CC、酒50CCを加えフタをしてしばらく蒸し煮にします。最後に塩少々で味を調えて出来上がりです。調理器具が限られるので、なんだか似た調理が多いです。ですが、味は少しづつ違えているのです。
  また、今日は2束50円で、すこし傷んだ見切り品のホウレン草が手に入ったのですが、食べきれないので、チンして小分けした上で冷凍にしておきました。こうすれば、いつでも調理に使えるようになります。日常的に野菜が不足しがちなので、こんな工夫が有効だと思います。多少の手間は必要ですが、まあ楽しいですから良しとしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月22日 (木)

今夜のめし(その46)

Dscn1472 今日は買い物に行かなかったので、ありあわせで作ります。賞味期限切れ直前のチクワが2本ありましたので、小指ほどの大きさに切り揃えます。キャベツ少々、小松菜1把の半分をザク切りにします。深めのフライパンに油を引いて、ショウガ千切りとにんにく1カケのみじん切りを炒めて香りを出します。香りが出たらチクワを加え、ざっと油が回るまでカレー粉を加えて炒めます。さらにキャベツ、小松菜を加え油を回します。
 昆布つゆ20CC、酒30CCを加えてフタをして、しばらく蒸し煮にします。小松菜がしんなりしたら、塩で味調整して出来上がりです。カレー粉は結構大胆な量を入れてもOKみたいです。好きですねぇ、この味。キャベツの芯に近い部分もこう言う料理だと、十分おいしいと思います。今日使ったカレー粉はスーパーのプライベートブランドの小袋入りのものです。久しぶりのヒット作のような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月21日 (水)

今夜のめし(その45)

Dscn1471 今日はスーパーでサーモントラウト腹身が売っていたので買ってきました。見た目はそれほどでもないですが、触ってみると脂たっぷりなのが分かります。とりあえず、細かいウロコを丁寧に包丁で落とします。軽く塩を振って、皮を下にしてフライパンに入れ弱火でじっくり焼きます。脂が少し出てきたら白ワインを100CC、昆布つゆ20CCほどを加え、ふたをして軽く煮ます。付け合せにニンジンとホウレン草をチンしておきます。魚も人間と同じで腹には脂がたっぷりと言う訳で、料理しながら自分の腹をジッとみました。(笑)食べ終わった皿には脂がタップリと残ります。旨みはたっぷりだけど、ちょっとクドイ味かなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

今夜のめし(その44)

Dscn1470 今日は水煮鮭缶、小松菜、焼き豆腐で味噌仕立ての一人鍋です。水煮鮭缶をあけ、焼き豆腐を加え、小松菜のザク切りを加え、酒100CC、醤油10CC、みりん20CC程度を加えフタをして煮ます。汁が出て、小松菜がしんなりしたら味噌を大匙1くらいを汁に溶いひと煮立ちしたら出来上がりです。出来上がりまでに10分かかっていません。魚の水煮缶は便利です。1缶100円以下で、食材が全く無駄にならないので、ひとり分を作るにはとても重宝します。一人暮らしには素材缶詰は大きな味方ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月19日 (月)

今夜のめし(その43)

Dscn1469_1 今日は、小松菜、キャベツ、厚揚げ、ベーコンで炒め煮です。ベーコン少量を切って炒め、油が出て来たらショウガの千切りを加え炒め香りを出します。厚揚げを適度な大きさに切ったものを加え、昆布つゆ30CC、醤油少し、酒20C、みりん20CCを程度を加えて煮ます。厚揚げに少し色がついたら、キャベツのザク切り小松菜の茎の部分のザク切りを加え、最後に小松菜の葉っぱの部分を乗せフタをして煮て小松菜に火が通ったら、最後にゴマ油を振り掛けて、出来上がりです。
 今日スーパーでレジ係りのアルバイト君が、小松菜を手にしながら「あのー、これチンゲン菜ですよね?」と聞いて来ました。「これがチンゲン菜に見えるの?ふーん、これは小松菜だよ。」と私は答えました。中国野菜と伝統的な日本の野菜くらいは区別できて欲しいけどねえ。うーん、でもほうれん草を指さして、小松菜と言っていた有名芸能人(医者)もいたので、まあアルバイトの君を責める訳にはいかんでしょうね。こまったもんだ。本ばっかりで勉強しすぎて、実際の経験・体験がないからそんな簡単なことさえ分からないのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月18日 (日)

今夜のめし(その42)

Dscn1468今日は、昼から趣味の電子工作をしていたら、食材の買い物に行けませんでした。しかたなく缶詰めだけを使った料理になりました。というか、こんな時のために缶詰めが用意してあったのです...鯖水煮缶、トマトホール缶を開けます。水煮大豆の買い置きを確認したら、賞味期限直前でしたので、これも使うことにしました。それらを鍋にすべて入れて煮込みます。味付けは醤油20cc、酒50cc、塩少々です。トマト自体に旨みがあるので、シンプルな味のほうが良いと思います。
  映画の西部劇でカウボーイがフライパンを使って料理しているのを見ますが、彼らが食べるのは牛肉ではなくて「豆」なのだそうです。肉は彼らにとって売り物だから日常に牛肉食べることは無いのでしょう。カウボーイはストイックで厳しい仕事なんだろうと思います。たぶん大豆ではなく、レンズ豆とか、ひよこ豆なんでしょうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月17日 (土)

今夜のめし(その41)

Dscn1467 今日は、パスタを茹でてインスタントのトマトソースをかけだけです。これは、もはや料理とは呼べまい。(笑)キューーピーさんに感謝、感謝。

ブロッコリーはチンしただけなので簡単すぎます。パスタの茹で上がり1分前くらいにソーセージを入れて温め、パスタソースに加えて食します。いちおう、色取りはおいしそうです。ごちそうさまでした。

今日昼間、秋葉原に行って電子パーツを買ってきました。1台300円のラジオがある現代に1個120円のトランジスタラジオ用パーツを10個以上買う私はやっぱりラジオ少年(もとい、ラジオおじさん)なんでしょうね。学生服の子供がラジオデパートで店主に質問しながらパーツを買う様子を見ましたので、きょうは何だかうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月16日 (金)

今夜のめし(その40)

Dscn1466 今日は、5本99円の白ネギが余っていたので、豚切り落とし肉200gを大量のネギとニンジン少しでカレー風味にしてみました。ショウガの千切りを油で炒めます。次にネギ、ニンジンの千切りを少量加えて香りが出るまで炒めます。豚肉を加え炒め、豚肉に火が通ったら白ネギ3本分を加え、ダシ醤油30CC、酒50CC、みりん50CCを加え、フタをして煮ます。最後に旨み調味料少々、カレー粉大サジ1くらいを加えてかき混ぜて出来上がりです。カレー風味の食べ物は時々無性に食べたくなるので、カレーパウダーを買い置きしてあります。ゴハンにはバッチリ合う味ですが、ちと味が濃い気がしますので、もう少し薄味のほうが良いみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月15日 (木)

今夜のめし(その39)

Dscn1464 今日は魚を食べたくなったのですがスーパーで適当なものが手にはいらなっかので、買い置きしていたサバ水煮カン詰めを使うことにしました。1束88円の小松菜を買ってきましたので、1束全部を洗ってザク切にします。サバ水煮カンをあけて、ショウガの千切りを加えて鍋に加えます。エノキ茸の買い置きがあったので、ザク切りにして加えます。また、小松菜のザク切りも加え、酒50CC、ダシ醤油30CC、旨み調味料少々、塩少々を加えふたをして蒸し煮にします。小松菜が柔らかくなったら出来上がりです。
 小松菜は1束全部切ると多いかなあ?と思いますが煮あがるとちょうど良い量です。サバ水煮は骨ごと煮てあるのでカルシウム補給にもなり旨みたっぷりで、DHAも補給できるわけで食材としてはありがたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月14日 (水)

今夜のめし(その38)

Dscn1463 今日は、ごはんが無かったので、パスタにしました。ソースは和風きのこソースのレトルトパックを使います。という訳で、もはや料理とは呼べないレベルかと思います。コンロの火口が1つしか無いので、鍋を使ったならパスタを茹でるのとソースの出来上がりが同時にはならないので、ソースは電子レンジでチンします。ただし、きざみネギをソースに加えてみました。マズイ訳では無いけれど、やっぱりトマトソースのほうが良かったみたいです。次回はトマトソースを作ってみますか....いちおう今日のパスタは本場イタリアから直輸入のものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

今夜のめし(その37)

Dscn1462 なんだか結局のところ木綿厚揚げ豆腐が好きですよ。いつも使う予定が無くてもなぜかスーパーに行くと必ずと言って良いほど買ってしまいます。今日、実はスーパーには行きませんでした。で、冷蔵庫をのぞいたら木綿厚揚げ豆腐があったので、これを肉に見立てて卵とじしてみることにしました。ニンニク薄切りを油をしいたフライパンですこし焦がします。次に、厚切りカルビのような大きさ切った木綿厚揚げ豆腐半丁を加えて焼き目を付けます。軽く焼き目が付いたら、昆布つゆ50CCほどを加え味付けします。次に斜め切りしたネギ、あらかじめチンしておいたキャベツ、ほうれん草、塩少々を加えザツと混ぜ、溶き卵2個を加え豆腐が崩れないように混ぜます。フタをして卵が半熟になったら出来上がりです。う~ん、冷蔵後の残り物でも結構できるもんですね。でも、もう少し豆腐を焼いたほうが良かったとおもいます。しかし、豆腐を焼くと「食感」だけは肉ですよ。味をうまく付ければ肉と思えるでしょうけど、相当技術が必要でしょうね。中華の精進料理はまさにそれなんでしょうけど。(中華でも精進と言うのだろうか....)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

今夜のめし(その36)

今日は1本99円Dscn1461の大根、3本50円のにんじん、1本20円のちくわ、150gほどの鶏もも肉を煮込んでみました。大根半分、にんじん1本、ちくわ1本を乱切りにします。鶏肉は一口の大きさに切りそろえ、鍋に入れてダシ醤油50cc、酒50cc、みりん50cc、水100cc、塩一つまみ、うまみ調味料少々を加えて煮ます。煮ながらアクを丁寧に除きます。鍋一つの出来上がりなので、食べ切れません。そのためタッパウェアに取っておきます。(節約、節約!)きょうはクドイ味がいやだったので調味は控え目にしました。
軽く、気に入りの芋焼酎をやりながら食します。こういう煮物を若いころにはおいしいとは思わなかったけれど、今では、おいしいと思います。ようするにオジサンになったのでしょうネ。ある人に私が「野菜が旨い」と言ったら信じてくれませんでしたが、野菜にも強くはないけれどやさしい旨みはあるんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月11日 (日)

今夜のめし(その35)

Dscn1460_1 今日はチンゲン菜を牛乳で煮てみました。チンゲン菜はザク切りにして、葉を下、茎を上に重ね電子レンジ用の蒸し容器に入れて1分ほどチンします。ショウガ1かけをみじん切り、ネギも同様に切ります。鍋に油をひいてネギ、ショウガを香りが出るまで炒めます。合びき肉100gほど、塩少々、醤油少し(味付けと言うよりも香り付けのため)を加え良く炒めます。次にチンしたチンゲン菜、エノキ茸のザク切りを加え油が回ったら牛乳300CC、うまみ調味料少々を加え煮ます。最後に塩コショウで味を調えて出来上がりです。たぶん白コショウを使うべきなのでしょうが、黒コショウしかありませんでした。
 牛乳を使うと、ゴハンのオカズと言うよりも、どちらかと言えばパンに合う洋食の味だと思いますが、塩加減を工夫すればゴハンでもけっこういけますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

今夜のめし(その34)

Dscn1453 今日はキャベツと豚バラ肉をチンしただけです。丼にキャベツのザク切りをたっぷり盛ります。そして豚バラ肉200gほどをその上に並べます。。次に酢30CC、醤油30CC、酒50CC、塩少々、胡椒、うまみ調味料などを加えます。ラップをして電子レンジで8分ほどチンすれば出来上がりです。水は一切加えていませんから、旨みは大変強いです。酢とキャベツと言う組み合わせはなんとなくドイツ風ですね~。ごちそーさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 9日 (金)

今夜のめし(その33)

Dscn1452今日は合びき肉で具沢山のスープにしてみました。ショウガを2カケほどを千切りにします
ニンニク少しを包丁で潰し、さらに細かく切ります。白ねぎ5センチほどををみじん切りにします。これらを油でジックリ炒めて香りを出します。次に合びき肉120gほどを加えて良く炒め、赤みが消えて透明な汁が出るまで少し塩を加えて炒めます。

 次に斜め切りの白ねぎとザク切りにした小松菜の茎の部分を少し炒め、最後に葉の部分、モヤシを加えます。水をカップ1杯、酒50CCほど、だし醤油30CCくらい、うまみ調味料、塩少々を加え調味し、しばらく蓋をして煮込みます。最後に溶き卵を加え蒸らしたらできあがりです。ひき肉から汁に旨みがでるので、おいしい味になります。最初にきちんと肉を炒め終えていないとおいしくならないと思います。

ショウガを多めに入れると体が温まります。料理屋さんレベルとは言えませんが、ポイントは押さえているので、おいしいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木)

今夜のめし(その32)

Dscn1451 今日は厚揚げと竹輪をおでん風に煮込んでみました。厚揚げ1丁を半分の薄さに切って一口大に切ります。なぜ半分の薄さにするかと言うと、鍋が小さいことと出し汁を少なくすることで早く煮えるようにするためです。
 竹輪は早く煮えるので大きく切っても大丈夫です。出汁は水100CC、かつおダシつゆ80CC程度、みりん50CC、酒100CC、うまみ調味料です。煮上がりまで10分程度だったと思います。マスタードを添えて食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

今夜のめし(その31)

Dscn1449 今日は小松菜1束99円、モヤシ、豚肉120gを買ってきました。買っている最中に何を作るか考えていた訳ではありませんでしたが、帰ってきたらなぜか炒め煮になってしまいました。小松菜はザク切りにして、茎の部分は取り分けておきます。生姜を適量千切りにして油を引いたフライパンで炒め香りだしします。豚肉を加えて炒め、塩少々を振ります。次に小松菜の茎の部分を加えて炒め、油が回ったら、小松菜の葉部分、モヤシを袋半分を加え炒めます。旨み調味料を振り、昆布つゆを50CCほど加えてふたをして蒸し煮にします。モヤシに火が通ったら、最後にゴマ油少々を振りかけて出来上がりです。小松菜っておいしいですよね。この手の調理は慣れました。簡単です。味もけっこう飽きませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

今夜のめし(その30)

Dscn1448 スーパーで若鳥レバーを200グラムほど買ってきました。何も考えずに値段だけ見て買ってきたのですが、どーやって料理しましょう。とりあえず適当な大きさに切りそろえ、水洗いしました。しばし考えて、煮ることにしました。まずはアク抜きします。 5分ほど茹でると鍋にたくさんアクが出ました。レバーを取り出して、いったん鍋を洗ってアクを除きます。鍋が一つかないのでこんな作業になってしまいます。(笑)

  次に酒1カップ、醤油、みりん、生姜千切り適量を加えて煮込みます。煮汁が無くなって来たら最後に、さらに生姜の千切りを加えて出来上がりです。とりあえずメシのおかずにはなりますが、出来上がったのは明らかに酒のつまみでした。出来上がりまで、30分でした。多分、これは冷えたほうがおいしいでしょうね。味付けは煮魚と同じ要領ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

今夜のめし(その29)

今日は、肉ニラDscn1445炒めにしました。生姜1片、ニンニク1片、材料はニラ1束、玉ねぎ小1個、豚肉120gほど。油を炒めなべにひいて、生姜、ニンニクをみじん切りにしたものを香りが出るまで炒めます。豚肉を加えて焼きつけます。肉に多少焼き目がついたら、塩コショウを加え、玉ねぎを加えて炒めます。 次にモヤシを加え炒め、最後にニラ、ダシ30ccほどを加え、ふたをしてモヤシに火がとったら出来上がりです。
塩は結構おおざっぱで、多めでも味がつきにくいと思います。本物の中華では加えるスープによって、味のランクが決まるのでしょうけどね。今日はカツオだしの醤油を加えたので、和風の味になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

ラーフル、黒板消し

小学生のころ「黒板消し」のことを皆さんなんて呼んでましたか?私の場合、「ラーフル」と呼んでました。でも「ラーフル」という言葉を関東で使うと全く通じません。
南九州だけで使われたらしいのですが、正しい語源が何なのか、私は知りません。
 とにかく、「黒板消し」のことは「ラーフル」と呼んでいたことのほうが多かったように思います。常識と思っていたことが通じないと言うのはなんだか不思議です。常識と言う言葉を簡単に使ってはいけないのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木)

朝食(その1)

Dscn1441 今日は朝食について書いてみます。最近のマイブームは、ほうれん草のサラダです。朝はあまり時間が無いので、前日に写真のように蒸し容器にカットしたほうれん草を入れておきます。朝起きたら真っ先に2分の目盛りにあわせて、電子レンジで加熱します。当然ながら、その間に洗面、歯磨き、トースターのパン焼きを平行して行います。栄養の点から言えば、カットしたまま長時間置くのはよろしく無いけれど、まあ時間節約にはやむ終えないです。味はゴマの深入りドレッシングです。ご飯でもパンでも合う味ですから大満足です。これにゆで卵と牛乳をコップ一杯飲めば栄養的にはまあまあのレベルかなと思います。多分、にんじんを加えると色が良くなるのですが、低インシュリンダイエット本を読んで以来、避けるようになりました。しかし、結局運動が足りないんでしょうけども、なかなか体脂肪率が下がりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »